心と体

2011年7月 5日 (火)

マクロビオティック、粗食、素食、精進料理

私の今のマイブームは「食」についてです。2週間の自給自足生活で変わったことの一つがこの食べ物に関してです。肉、魚、卵、牛乳は摂らず、砂糖もなるべく使わないように心掛けた料理なのにとっても美味しいのです。今までは料理は嫌いで、一人分を作るのは面倒だな・・・と思いながらやっていたところがありました。それがこの2週間、多いときには10人分の食事を作ることもあり、食べた時にみんなが「美味しい」と言いながら笑顔で食べてくれる経験をすることでお料理がとても楽しいと思うようになりました。しかも、食が私達の体を作ってくれるので、健康について興味のある私にとっては面白く、奥の深いテーマであるとも思いました。また、調味料を最初から作ったり、無い物でも色んな食材を混ぜ合わせることで頭で想像している味にするという工夫やアイディアが楽しいと感じることで、料理に対する「こうでなければならない」という堅苦しい思い込みがポンッと解き放たれた感じがしました。そのお陰で、家にある食材を見て、すぐに色んなアイディアが浮かんできて楽しく手軽に料理を作ることができるようになりました。しかも、肉や魚を使わないので洗い物もとっても楽ちん。水で洗うだけでいいものが大半なので、洗剤を使わずに地球にも優しいのです。
一度ブームが起こるととことん知りたくなる私は、マクロビや粗食の本を毎日読みふけっています。毎月平均15冊の読書だったのに、今月は50冊に。また本が家に増えちゃったな・・・と思いつつ、毎日楽しい読書の時間を満喫しています。ちなみに今おすすめの本は幕内秀夫さんの本です。粗食についての概要の本も出ていますし、季節ごとのレシピ集も出ています。幕内さんの本は10冊程読んで、実際作ってみたりもしました。どれも簡単に美味しくできます。それからお菓子の本では中島デコさんの「パンとおやつ」、山本路子さんの「おだんごカフェのからだにやさしいスィーツレシピ」が美味しくて可愛いのでオススメです。見ているだけでもハッピーな気分になれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

自給自足生活をしてきました

6月16日から30日までの2週間、ニセコの羊蹄山の麓にある共同体(WOOFの受け入れもしています)「自給自足生活研究所 」で生活してきました。電気は太陽光のみで、水は飲み水は湧き水、その他の水はすぐ横を流れている川を使わせてもらいます。1日の中の活動としては畑仕事やご飯作りをさせてもらえる他に、毎朝ヨガと瞑想もさせてもらえる上に、週末にはヨガ合宿といって1日ヨガと瞑想と呼吸法を学べる合宿にも参加させてもらうことができます。私はこの2週間で自然農の知識と実践、豆腐作りや草木染め、まき割り、火の熾し方、薬草について、マクロビオティックや精進料理のような肉・魚・卵・牛乳を使わない料理についてなど、毎日沢山のことを学んだりアイディアを出し合ったり、色んな人達の知識や知恵を授けてもらうことができて、本当に素晴らしい経験をさせてもらうことができました。感謝と感動でいっぱいです。

私はヨガや瞑想に興味があったのですが、未だにヨガを1回経験したことがあるだけだったので、毎日やらせてもらうことができて心も体も浄化されました。ヨガや瞑想ができるとは知らないままに行ったのですが、実践してみると、これからも続けようと思うくらいに私には効果がありました。私はもともと身体よりも精神世界に興味がある人間なので、体を激しく動かしたり鍛えるためのヨガのポーズをするというよりは、自分の内面を見つめる作業の方が好きなのですが、ここで教えてもらったハタヨガは、内面に意識を向けるヨガのため、私にはぴったりでした。瞑想も、今までは雑念がいっぱいで何をどうしたら瞑想になるのかがわからなくて、でも質問をする人もいないという状況だったので特にやっていませんでした。瞑想ってよくわからないな~と思いながら続けていたところ、瞑想を始めて3日目に、ひどく具合が悪くなり、体はダルイし涙はボロボロ出るしで、その日は1日中何もすることができませんでした。その時の心の中の状況としては、暗くて大きな穴、ブラックホールみたいなものが意識の中の私の目の前にあって、意識の中の私がそれに触れてしまったら暗闇に引きずりこまれて二度と戻ってこれないような恐ろしく悲しい感覚がありました。意識の中のこととはいえ、そのブラックホールを見ているだけで涙がこぼれてくるのです。どうしたらよいのかわからず、ただその状況を観察していると、そのブラックホールの正体は「孤独」であるということがわかりました。思い返せば、5年ほど前の私にとって、孤独というブラックホールは今よりもずっとずっと大きな存在でした。普通に生活している時でも孤独は付きまとい、もう生きていくのは無理なんじゃないかと思ったりしたこともありました。一緒に居る人がいなくて寂しいとか、そういう寂しさではなく、宇宙から切り離され見捨てられたような絶望的な孤独。もう超えられない、何度もそう思いました。その孤独感が今回瞑想をしているうちに潜在的な意識から再び呼び起こされたのだと思います。2日ほどそのブラックホールを抱えたまま生活していると、意外にも早く、「ブラックホールに触れてみよう」という勇気が湧いてきたのです。暗闇の向こうには光が必ずあるとこの5年間で学んだおかげでもあります。瞑想をしながら、意識の中で暗闇の向こうに手を伸ばすと、黒い霧が晴れていき、その先にあったもの(いたの)は「私自身」でした。やっと見つけてくれたね、やっと繋がってくれたのね、というような笑顔で私を見つめ返していました。その自分を見た瞬間、一つになれたという温かくて安心する、愛に包まれた感覚を体験しました。それと共に、「私はここにいる(在る)」という力強い感覚と、これから歩んでいく道のビジョンを真っ直ぐに見つめる揺らぐことのない自信を授かりました。そのような体験をしてから、少しずつ瞑想の意味がわかってきました。ただボーっとしていると、人間は絶えず思考をして色んなところに意識が飛んでしまいます。その度に意識を戻すことをするのですが、戻す際に「違うところに意識が飛んでいってしまっている」と気付いているのは一体誰なのでしょう?その「誰か」が真我なのではないかと私は思うのです。真我が思考を客観的に観察しコントロールすることで、感情も自分のコントロール下に置くことが可能となり、常に真我(私)が主役として生きることができるようになる。それがこの2週間瞑想したことで実際にわかったことでした。瞑想でその感覚が少しずつわかってくると、ヨガの仕方も変わっていきました。ヨガはゆったりとやってもやっぱり体の伸ばしている部分は痛いものです。でも、痛みを不快だと感じるのではなく、むしろ痛さをも客観的に観察して痛いということを意識することすらなく「こういう状況なんだ」とただその体の状態を受け入れるという感覚がわかってきたのです。でも、常にそういう状態ではいられなくて「いたたたた・・・」とすぐに意識がどこかにいくわけなのですが、きっと悟りというのはこの延長線上にあるのだな、ということを実感することができました。
精神面も身体面も結局一緒で、一つ。万物は一つ。そしてその状態には評価するという概念はなく、ただ在るだけ。そこに良いも悪いもなく、あるがままに受け入れる。それが平和を創造する。特別になろうとか、競争に勝とうとか、何かができるとか、人を蔑んだり批判したりとか、そういうことに捉われて生きるよりも、私は愛と平和を選んで生きていきたい。ただ今に生きていることが幸福だと実感していたい。もし何かお役目があるのなら、そのように私を導いてくれればいいし、日々の小さな幸せに気付きながら喜びに溢れて生きるのが私の魂、そして宇宙の願いなら、私はそう生きよう。全てを手放してこの世界を見れるようになった時、真我で私は世界を見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

初めてのヨガ

一昨日、初めてヨガを体験しました。最近、自分の内側の声を聞くということがテーマなので、以前からしてみようと思っていた瞑想かヨガを・・・と思っていたところ、素敵な感じのところを紹介してもらったので行ってみたというわけなんです。ヨガでも、ポーズや体を動かすということに重点を置いているものに興味があるのではなく、静かに、自分の呼吸に集中して自分と向き合い、自分の宇宙を感じることに私は興味があります。

最初、軽い話題をしてから心と体をほぐし、それから2時間程のヨガの後、最後に10分位の瞑想で終了です。愛のマントラの曲が流れていて、部屋はプラネタリウムで星がいっぱい。そんな素敵な空間で初めてのヨガを経験できました。

2時間あまり、ずっと呼吸に集中です。初めての私はあれこれと違うことを考えて意識がどこかへいくことだってよくありました。それでも、驚く程の変化がすぐにわかりました。まず、話し方が変わります。話すペースがゆったりになり、声に力があります。それから、私の場合は地に足が着いていない方なのでヨガの後には地球にしっかりと根付いている感覚がありました。意識が上をフラフラしている状態からどっしりと下りてきている感じで、物事に動じないといった安定した感覚がありました。また、頭がすっきりするので、自分の考えが明確になり、普段ならば悩んでようやく決めることでもスパッと「こうだ」と直感と自信を持って平常心で導くことができました。

こうしたヨガや瞑想を、空気の澄み切った森の中で出来たなら、どんなに素晴らしいだろう・・・そんなことを想像しながら、今日も森の中の一軒家を夢見ている私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ホメオパシー

私はずっと薬の勉強をしながら、このまま薬剤師になって本当にいいのだろうか、と悩んでいました。それは私自身、薬を飲むのが嫌いということや、私の中では西洋薬は「本物」ではないという思い(直感)が小さい頃からあったからです。自分が本物ではないと思っているものを人に薦めるのはおかしいと思うし、やりたくないと思っていることを無理やりやるのは今まで自分が言ってきたこと(ワクワクすることをやろうということ)に反します。中でも、人の健康を扱うという大事な職業なのに本物ではないと思っているものを薦めることにはとても罪悪感を感じていました。

とはいえ、勿論、西洋薬は実際に効果があるので存在を否定することはしません。世の中に存在する以上必ず意味があり、西洋薬を必要としている人がいることは確かなことです。

それなのに私の中にずっとある「直感」は何なのかと、改めてじっくり考え自分と向き合ってみることにしました。そして、健康とは心と体の両方が元気である状態のことで、体の症状にのみ焦点を当てるだけでは不十分だと私が考えているという答えに辿り着きました。これは以前から自分で言っていたことでした。しかし、その方法がわかりませんでした。アーユルヴェーダや漢方やアロマといったものに興味があるものの自分の中でそれらが繋がらないという状態だったのです。

そんなある日、私はネットで「ホメオパシー療法」というものをたまたま見つけました。なんだろう?と思い調べていくうちに、それは私が今まで探していた心と体の両方からアプローチするというものでした。病名からではなく、患者さんの体つきや話し方、症状、今までの生い立ち、感情などなど、あらゆる面から処方を考えます。ですから一度の面談は1時間くらいかかります。このホメオパシーを知った瞬間に「これがずっと私が探してきたものだ!!」とわかりました。薬学の大学に入る前に、性差医療や個体差医療について学び、一人一人に合ったお薬を渡したいと思っていたことに、今やっと答えが出たのです。そして、私はホメオパシーの存在を知ったことによって、初めて具体的な将来の夢を持ちました。それはセラピストになることです。それも、色んな自然療法を取り入れながら、食や体を動かすことも含めた「ライフ・コーディネーター(←私が勝手に名前を造りました)」のようなセラピストです。色んなことを勉強して沢山のことを経験して、一人一人に合った治し方や人生の楽しみ方を提供できる人間になることが目標です。

ところで、ホメオパシー療法とは日本ではまだあまり普及していませんが、実は約200年も前から存在するもので、ドイツのハーネマン医師が考え出したものなのです。同種療法ともいわれ、「似たものは似たものを治す」という考え方をしているのが特徴の一つです。例えば、熱が出たとします。西洋薬であれば熱を下げるために解熱薬を用いるわけですが、ホメオパシーでは熱を出すものを服用させます。熱という症状は体が治ろうとしている反応なので、それを助長させることで人間の本来持っている自然治癒力を高めて治すのです。いってみれば、西洋薬は抑えるもので、ホメオパシーは出し切るものといったイメージを私は持ちました。

ホメオパシー薬(レメディ)は、植物や鉱物などの自然のもののエネルギーを水に抽出して、振とうと希釈を何度も繰り返して作り上げます。これはバッチフラワーと同じようなもので、バッチフラワーのレメディは液体ですが、ホメオパシー薬(レメディ)は固体(砂糖錠)です。3000種類ほどあるレメディの中で、波動の合うものを服用すれば効き、ブルーピングという一時期症状が悪化したり、昔抑えた症状が出てきたりする反応がありますがすぐに治癒へと向かいます。科学的証明はありませんが、波動・エネルギーといったことが関係しているのではないかと考えられています。

まだ本を少し読んでみた程度ですが、いずれは海外に学びに出て、資格を取ってこようと思います。そして、トータルなセラピストになるために西洋薬を勉強し、使うという経験も一生懸命にしてみようと考えるようになりました。今ではもう罪悪感はありません。両極を知って本物を追求していこうとする性格が、私を納得させてくれました。これからも毎日楽しく勉強して色んなことを吸収しながら、人間として成長し、そしていつか素敵な人達がもっと素敵になれる活動ができたらいいな、と夢を抱いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

最近のキーワード

最近の私の中でのキーワードは「村」。先日、元気な村を作ろうとしている方とお会いしたのですが、今日はテレビをつけてみると「エコヴィレッジ」というニュースを目にしました。都会の人々が週末だけ田舎で暮らすスタイルや定住型のヴィレッジもあるのだそうです。野菜を作ったり田植えをしたりして、自分で育てたものを料理して、同じようにヴィレッジで暮らしている人達と食事を楽しむ。そんな昔の生活では当たり前だったことが、今また見直され、特に都会に住む若い人達に注目されています。

私もそういう生活に憧れている一人です。家庭菜園をしたり、なるべくエネルギーを節約して地球に優しく、自然と共存する暮らしをすること。物に溢れてはいるけれど、愛のない生活なんて本物ではありません。四季折々の花を愛で、旬のものを食べて、笑顔がある暮らしができれば十分です。そういう暮らしをしていればお金だって本当はそんなに必要ではないと思うのです。いくら物を買って手に入れても、心は満たされません。その虚しさを抱きながら生きていて、本当に豊かだといえるのでしょうか。

数ヶ月前に「ロハス」についての本を読みました。自然と共存する生き方は、まさに私のずっと理想としてきた暮らし方・生き方です。エコだとか、ロハスの考え方を実践している人達が地球上に増えていることはとても素晴らしいことだと思います。私もその一員になるために、これからも色んなことを勉強して行動していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

心と体

私は肌が結構弱い方で、よくかさかさになったり痒くなったりしていたんです。今でも時々そうなるのですが、それは雨の降る数時間前だけです。(天気予報よりよく当たるんでいつもおもしろいな~と思っています)。

本当に最近は肌の調子も良くなって、顔や手が痛痒くなるアトピー症状もほとんどなくなりました。

さて、症状が出てきたのは去年のことです。逃げずに一生懸命生きようと決心した時から現れました。自分の欠点と冷静に向き合って素敵になれるようにと努力し始めた時と時期が丁度重なります。そして今治ってみて思うことがあります。

それは、病気というのいうのは心を反映していて、現れた症状というのもひょっとしたら心の状態を体が示しているのではないかということです。

私の場合は皮膚の炎症でした。それは攻撃しなくてもいい細胞まで過剰に反応してしまい攻撃しているということです。では心理的にはどうだったか?同じことがいえます。自分に厳しくなりすぎてしまい、欠点ばかりに目がいって自分自身を攻撃していました。炎症は私の心の内の叫びで、気付いて!というメッセージだったのかもしれないのです。それに自分以外の考えは受け付けないという頑固な考え方の私は、少しでも相手が自分と違っていれば徹底的に攻撃していました。たとえやりすぎて自分が傷ついても・・・そこも炎症作用と同じかもと気が付いて苦笑いです。

その他の例をいうと、私の知り合いで自分の言いたいことを言わずに何十年も我慢している人がいました。その人はある日声が出なくなってしまったんです。それから、こういう人もいました。自分はもう家事や仕事なんてしたくない。ずっと寝ていたいんだと思っていたら、坐骨神経痛になって立てなくなってしまいました。本当に何日間か寝たきりになってしまったのです。

病気になってしまえばできなくても仕方ないんだと自分にも他人にも言い訳ができます。でも、本当にそれでいいのでしょうか?それに、病院へ行って薬をもらうだけで病気が治ったといえるのでしょうか?私は根本的な解決にはならないと思うのです。なぜその病気になってしまったのかを考えるきっかけにすれば、病気だって神様からの贈り物になるのではないでしょうか。この考え方は空想にすぎないかもしれません。でも、心と体は連動しているものだから別個に考えていては無理があると思うのです。

私はこういった心と体の関係に興味があります。どんな形になるのかはわからないけれど、西洋、東洋問わずに取り入れて何か新しいことが生み出せたらイイナと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

太陽のパワー

数日前からお部屋の模様替えをしている私。

カーテンも新しいものを買おうと思って悩みに悩んだ挙句にやっと買ったんです。それは遮光裏地付きのカーテンだったんですけど・・・

次の日の朝(昨日の朝)。起きた時の第一印象は部屋が暗い!でした。暗くて起きたくなくてお昼近くまで寝ていました。寝起きもスッキリしなくてなんだかな~という感じ。

遮光裏地付きカーテンの威力は感心するものでしたが・・・思い切ってお店にカーテンを返品してしまいました。ごめんなさい。

ということで、今日はカーテンなしで朝を迎えたのですが・・・太陽の光がちょうど差し込んでくる窓位置なので、光に包まれながらスッキリ爽やか自然に目が覚めました。お部屋にが溢れていて、ウキウキしながら起きられました。

やっぱり太陽のエネルギーって素晴らしいですね!太陽さんに感謝×2デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)