« さあ、才能に目覚めよう | トップページ | 毎日変わる »

2011年4月20日 (水)

考え方を見直す

人は考え、感じ、行動し、その結果を体験として得ます。考え方も感じ方も人それぞれなので行動も色々なパターンが考えられます。しかし、そもそもの考え方が歪んでいたり、ネガティブなものだらけだったりしたならば結果はどうなるのだろう?私の疑問はそこから始まりました。そして、その考え方や感じ方はいつから、どうして身に付いたのだろう?
その結論は両親の育て方や両親の考え方の影響が強いというところに行き着きました。私の考え方は喜びや幸せ、安心感、愛など、心が温かくなるようなものとは正反対のものばかりで構成されています。侵略、支配、拒絶、批判、恐れ、私の考え方のほとんどはこういったものを土台としています。今までも、外界の出来事は自分の心の持ちようであるということは何度か書いてきましたが、それは一つ一つの出来事単独に対してのみの自分の心の在り様について私は書いていたのだと気が付きました。そうではなくて、私の場合はそもそもの根源的な考え方の回路を新しくする必要があったのです。
そのために、まずは自分の考え方を客観的によく観察し、残しておく回路と新しくした方がよい回路とに選り分ける作業をします。自分が幸せだと感じる時はいつか?またそれはなぜか?逆に不快感や恐れを抱く状況とはどんな時で、その時の感じ方、そう感じるのはなぜか?を自問自答します。そうして私の自分の考え方を見つめる作業はまだ続いているわけですが、少しやってみただけでも自分がどれだけ不幸な考え方をし、極端で、歪んでいるかが解り始めています。そして親の考え方を受け継いでいるということも。
まだ私はこの段階にいるので、次の段階についてはまだ書いてもただ頭でわかっていることになってしまうので、また今度書こうと思います。

|

« さあ、才能に目覚めよう | トップページ | 毎日変わる »

心理・精神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考え方を見直す:

« さあ、才能に目覚めよう | トップページ | 毎日変わる »